読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

姿勢良く小顔で、写真に写る

最近、常にお腹に力を入れて胸式呼吸をするよう意識しています。

 

胸式呼吸は、吸うときも吐くときもお腹はぺったんこのまま、胸や肩や背中に呼吸を入れていきます。

吸うときはお腹を引き上げるように。

吐くときはお腹が背中にくっつく意識で全て息を吐き切ります。

 

スポーツトレーナーなどをされている方から、胸式呼吸は女性に嬉しい特典が付いてくると教わりました。

 

前傾している首の位置が元に戻り、若々しい姿勢&小顔になる

 

息を吸うとき、胸が引き上がると同時に、スマホやパソコンで前傾しがちな首がストンと後ろに下がるのです。(写真に写るとき試してみると、効果抜群でした)

前に出ていた顔が後ろに下がり、小顔効果も。

首が前に出ていると老けた印象になるのですが、これで写真に写ると若々しい雰囲気になりました。

 

 

そのほかにも、ウエストのくびれやお腹のポニョ化防止にも効果があるとのこと。

アシュタンガヨガの先生は、常に胸式呼吸するのがクセになっているそう。

ヨガの先生にスマートな方が多いのは、普段の呼吸からでしょうか。

 

ついつい緩みがちなお腹、負担をかけない程度に胸式呼吸で引き締めていきたいです。