読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

one more time と againの違い

英語を勉強していると、同じ意味の単語が出てきます。

中学や高校の授業では、直訳の日本語を教わりますが、細かいニュアンスや使い分けについては教えてもらえません。

 

One more time と Again

どちらも同じ意味かと思いきや、日本語訳からして違います。

One more time もう一度

Again 再び

 

前者は、既に何度か物事をやっています。けれど、もう一度ダメ押しのような気持ちでやるときに使ったりします。

後者は、二回目に物事をやってもらうときなどに使えます。気負いなく使える単語です。

 

前者については単語が三つも含まれはっきり発音できて聞き逃されにくいので、協調したいときにも便利です。

 

 

受験英語の勉強は、単語帳をひたすら覚えたり過去問を繰り返し解けばいいだけですが、本当に使える英語を身につけるためにはもっと工夫が必要です。

 

 

私はネイティブに週に一度英会話のレッスンを受けさせてもらっているのですが、半年ほどで英語が自然に口から出てくるようになりました。

また、英語を話す怖さや恥ずかしさはもうありません。

これで近所の先生を探しました!

 

けれど、まだまだ流暢に話せるとはとても言えない実力です。

毎日コツコツ、one more time精神で頑張ろうと思います。

 f:id:mmmeg:20170321231604j:image