読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

勝つための唯一無二の付加価値

自己啓発 仕事

 物流業界での、トラックドライバー不足の深刻化をよくニュースで見ます。

留守の多い家々を何度もぐるぐる回りストレスが多い上に、なかなか配達が終わらず長時間労働

 

物流会社に入社し、企業の貨物を海外へ届ける仕事をして気づいたことがあります。

企業は貨物の運送費用を〝コスト〟として捉え、できる限り削っていこうとします。

「もうムリ!」という値段まで下げても更なる値下げ要求が入るし、下げられなければ他業者に仕事が渡るだけ。

1円でも安い業者が仕事を獲得します。

なるべく人員を削り、残りの社員でメーカーの要望に応えようと必死にがむしゃらに働きます。

 

物流という目に見えないサービス。

どれだけ安くできるかと、どれだけムリをできるかの消耗戦の中で、物流企業に勤める社員は疲弊していきます。

 

 

それでは良い人材は集まりません。

いつか必ず行き詰まる時がくると思います。

安い〟や〝ムリをきかせてくれる〟こととは別に、唯一無二の付加価値をつけることができれば、競争に勝てると思うのです。

 

f:id:mmmeg:20170304084013j:image

とはいえ物流という目に見えないサービスは、無事に納期通り配達するのが基本。それ以上のパフォーマンスは求められず、顧客からは費用の改善を求められるのみ。

私のような社員は顧客となるべく親しくなり、電話やメールに即レスし信用を得ることくらいしか思いつかないのが現状です。

 

 

その一方で、自分自身の唯一無二の付加価値についても磨いていきたいと思っています。

めまぐるしく変わっていく社会の中で、安泰と言われていた大企業ですらすぐに倒産まで追い込まれていきます。

どんな環境になっても適応して生きていけるように考え、勉強や練習を積んで自分の価値を磨いていこうと思います。