読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

100%でもって休む

無気力 自己啓発

今週のお題「新しく始めたいこと」

 

仕事に勉強に人付き合いにと、日々限られた時間の中であっちこっちしていると、ふいに頑張れない時があります。

大学生の時は頑張れない自分を「怠け者だな」と情けなく思っていましたが、休むことも自分にとって大切だと気づきました。

f:id:mmmeg:20170210064738j:image

 

疲れたらとことん休む!退屈だと思うまでに休む!「あ〜頑張りたい」と思えるくらい休む!

 

自分が疲れていることにも気づかずムリをして体調を崩したり、精神的にガタがきて無気力状態になったりし、結果的に自分をコントロールできない状態になり周りに迷惑をかけることが何度かありました。

意識的に「今自分は大丈夫か?」と普段から確認することで、「まずいかも」と思った時に事前に休めるようになり、急に倒れることはなくなりました。

 

 

「まずいかも」と思った時に私がとる行動といえば、

・ジャンキーなものを食べたいだけ食べる(ポテトチップスやマクドナルド、カップ麺など普段できるだけ避けている、身体によくはなさそうなものを欲するままに食べる)

・ゴロゴロする(ネットやテレビを見ながらぼーっとし、一ミリたりともソファや布団から動きません)

・人に対して多少好き勝手振る舞う(許される限りで。笑いになる程度に八つ当たりしたり、少しわがまま言ったりします)

・寝たい時に寝て、起きたいときに起きる(早寝早起きなんて忘れます。夜更かし最高)

 

身体に悪いことばっかりで、これで疲れがとれるのか疑問ですが

事務仕事をしたり勉強したりと頭ばかり使う生活をしていると、疲れるのは身体ではなく精神。普段できるだけ避けていることを心置きなく自分に解放することでストレス解消しているのかもしれません。精神に合わせて身体も疲れた状態になることでバランスをとっているのかもしれません。

 

 

 

これらの方法で休むと、完全復活するためにはズルズルと一週間くらいはかかってしまいます。

もっと効率よく、罪悪感もなく心地よく休める自分にあった方法があるはずだ、と思い、改めて〝休み方〟について見直していくことにしました。

今まで休み方を真剣に考えてみたことはなく、できれば休みたくないなと思っていた私ですが、どうせなら休憩時間だって充実させたいんです。「あーよく休んだ!」と気持ちよく復活したい。

そのほうが短期間で効率よく休めると思います。

 

 

 

普段から自分の心に耳をすませて、なにが好きでどんなとき心地いいと感じるのか研究していこうと思います。