読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

やりたいことをとるか、安定をとるか

自己啓発 仕事 転職活動

25歳で初めてした、本格的な転職活動。

 

転職活動では、何度も人生の選択を迫られます。

どの方法で求人を探すか?

どの企業を受けるか?

面接を受けるか?

そして、内定を承諾するか、今の会社を辞めるか。

 

*やりたいことと安定、どちらをとるか

私は今、大手企業に勤めており、よほどでない限り将来は安泰です。

貿易事務という、やりたい仕事もできています。

 

しかし、大きな問題があります。

女性が長く働き続けるには、日々の業務がハード過ぎるのです。

 

ここで私は選択を迫られました。

 

管理部門にいくか?

転職するか?

 

管理部門にいくことは、希望すればいつかは可能です。落ち着いた部署で、安心して長く働けると思います。

備品の発注や、社内の雑用といった仕事です。

地味だしキャリアアップも望めないけれど、必要な仕事。

 

けれど、私は今の貿易事務の仕事が好きです。できれば続けたい。

英語を活かし、貿易の知識を活かし、グローバルな仕事をするのは大変ですが、やりがいも大きいです。

転職すれば、落ち着いてできる貿易事務の仕事もあるかもしれません。

 

 

強欲な私は、安心も貿易事務もまだ諦めたくありません。

 

結論は、現職を続けながら、安心して長く働ける貿易事務の仕事を探すこと。

 

二兎を追うものは、一兎も得ないということわざもあります。

けれど私は、一度しかない人生、欲張ってみたっていいじゃないか!と思うのです。

 

最後には、やりたいことと安定のどちらか、選ばなくてはいけないかもしれません。そのときは、やりたいことを捨て、安定をとろうと考えています。

 

毎日少しづつ、勉強しながら自分が一番幸せな道を探していこうと思います。