walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

25歳女、選択のとき。

 

 友人に、7つの大罪のうち、自分に当てはまるものはどれか、なんて聞かれたことがあります。

私はすぐに、「強欲だな」
と思いました。

 

 


退屈な毎日はつまらなくて自分を追い込んで周りに嫌な思いをさせたり、つらい試練があると楽に生きたいと思ったり。

 

 


今悩んでいるのは、転職についてです。
私は女性で、もうすぐ26歳になろうとしていますが、20代半ばの女性は人生の岐路に立たされるな、と思います。



今は貿易事務の仕事をしていますが、繁忙期がめちゃくちゃに忙しかったり、毎日顧客に振り回されるストレスフルな業務内容だったりして、この先ずっと続けていくのはかなりしんどいなと思っています。
実際、産休育休の制度があり大手企業にも関わらず、結婚して子供を持って仕事を続けている女性は一人もいません。

私の選択は、まず大きく2つあります。
①今の企業のまま部署異動で管理系の落ち着いたポジションにいくか。
②転職するか。

 

 


繰り返しますが、私は欲張りです。

今の貿易事務や営業事務の経験を活かしてスキルアップしたい。
仕事にやりがいを持って生き生きと働く人たちの中で仕事をしたい。

年収を上げたい(今は、残業なしだと月14万ほどしかもらっていません。正社員で、ハードワークにも関わらず!)
有給をとりたい、残業はほぼしたくない(今はよっぽどじゃないと有給とれません)

良い奥さんになって、良いお母さんになりたい。




今は転職サイトやエージェントさんに頼りながら職を探していますが、勤務地を限り、貿易事務で、残業なし、女性が長く働けて、、なんて職場、
まあ、ありません。

転職活動をする前は、探せばいくつかあるだろうなんて思っていましたが、実際はワンピースを見つけるくらい難しいことみたいです。
働きやすい事務なんて、みんな辞めません。
つまり募集も出ないんです。



今の環境は、決して不幸せではありません。

職場はいい人ばかりだし、仕事は大変ですが楽しくやりがいもあります。
残業代はきっちりもらえます。

家から近い職場です。

繁忙期でなければ定時で上がれる日も多いです。(最近だいぶ業務量が改善されたのです。二年前までは終電ダッシュ、タクシー帰りは当たり前でした)


有難く、幸せな環境です。
でも、私が入社したときは地獄のような労働環境でした。
またいつ、そこに戻るか分かりません。
怖いです。

子供ができたら、まず辞めなくてはならなくなると思います。

 



安心して長く勤められる環境が欲しいのです。
でも貿易の仕事や、やりがいも捨てられない。


私は欲張りなのでしょうか?
仕事なんて必ずやりがいは後から付いてくるし、貿易事務や営業事務のキャリアは一度捨て、新たな分野にチャレンジしてみるのもいいのでしょうか、、。


いずれにしても、贅沢な悩みには変わりありません。

けれど、同じことで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。



もうすぐ就職活動が始まる女性のみなさん。
やりたい仕事を探したり、自己分析で向いている仕事を探したりももちろん大事です。
でも、目先のことだけにとらわれないでください。
今は両親のもとで甘えたり、自分のことだけ考えて何か決断したりできるかもしれません。

でも、将来結婚したくないですか?
プライベートを充実させたくはないですか?
お金をたくさんもらうことも大事ではないですか?
10年後、20年後をも見通す視野を持とうとする姿勢を忘れないでください。

私はその視野がありませんでした。
就職活動に後悔はありませんが、その視野がひとつ入っていれば、選択肢が違った可能性もあります。



今こうして、自分の将来について改めて考える機会に恵まれていることは、苦しいけれど幸せかなと思います。



どんな選択をしたとしても、間違っていなかったと誇りを持てるかどうかは、選択した後の自分次第かもしれないですね。

5年後の私に期待です。

 f:id:mmmeg:20161120012624j:image

 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary