walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

身体を巡らせること

めー子です。

 

通関士試験に向けて勉強するにあたり、平日は仕事と勉強で座りっぱなしで、

土日も座っている時間が圧倒的に増えました。

 

肩が重い!足がだるい!集中できない!寝つきが悪い!なとなど、身体のあちこちに不調が出てきたため、お休みしていたヨガをひと月もしないうちにあっさり再開させました。

 

ヨガをした後は、全身の血やリンパや老廃物、筋肉などあらゆるものが動き出し、新しい空気が入り、滞ったいらないものが出てゆきます。

本当に気持ち良いです。

 

ヨガでリフレッシュした後は、身体を動かして疲れているかと思いきや、かなり集中して勉強することができるし、知識も頭にぐんぐん入っていきます。

 

ヨガはポーズをとりながら呼吸を大切にするので、肺いっぱいに取り込んだ新鮮な空気が脳にも送られます。

 

お昼ご飯を食べたあとに眠くなるのは、酸素が食べ物の消化吸収のためお腹にとられるので、脳で使う酸素が少なくなるためと聞きました。

あくびをするのも、酸素を取り入れるため。

 

呼吸は意識せず常に行うものですが、私は緊張したり集中したりすると、呼吸が止まったり、浅くなったりしがちです。

自分ではしっかりできていると思っても、ヨガの先生にはしっかり身体を見抜かれ、全身で呼吸できるように導かれます。

 

たっぷり吸った酸素を活用して、明日も脳を回転させていこうと思います。

 

f:id:mmmeg:20160925001817j:image

 

勉強が終わったら、ハイキングでもしながら自然のなかで深呼吸したいものです。