読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

西加奈子さん著 うつくしい人 感想

雑記

めー子です。

 

「うつくしい人」読み終わりました。

 

誰でも感じたことのある、心の中の嫉妬や劣等感、なんで私はこうなんだろう、という感情を、優しく肯定し、物語にしたみたいだな、と思いました。

 

読み終わりがさっぱりと気持ちよく、すぐ読める厚さなので、興味がある人にはおすすめしたくなる本でした。

 

ただ、私の拙い読書歴からくる個人的な意見なのですが、

話や人物が、ストーリーっぽく、キャラクターっぽく、漫画やライトノベルのような印象で、あまり感情移入はできなかったです。

 

どうやら私は、明日にでも自分の身に起こりそうな、ありふれている話を求めているようです。

起承転結もなく、何事も起こらなくてもいい。むしろそんな文章をひたすら読むのが心地よいと感じます。

 

 

読み終わった本はすぐ売るというマイルールで、さっそく本屋に行きましたが20円になりました。

本棚をすっきりさせ、先ほど新たに購入したものがこちら。

 

f:id:mmmeg:20160817172552j:image

 

これまたジャケ買いです。広谷鏡子さんの本は初めて読むのでとても楽しみです。