walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

【ストレス解消】ウォーキングの効果

めー子です。

 

ブログのタイトルにもなっていますが、私は歩くことが毎日の日課となっています。

 

仕事が終わり、晩ご飯を食べてから1時間ほどウォーキングし、勉強をする。

 

晩ご飯の後のウォーキングは、運動不足解消による体型維持に貢献するのはもちろん、私のメンタルを支えてくれる柱になっています。

 

もともとウォーキングを始めたのは、私が社会人になって少し経ってからです。学生のとき思い描いていた理想とはかけ離れた生活がきっかけでした。

 

手に負えないほどの仕事量、終電帰りは当たり前でかさむ残業、各部署や顧客からの嫌がらせのような電話、狭い事務所に拘束される日々、、

その頃私生活でも大きな変化があり、完全に身も心も疲れ切っていました。

 

仕事に行けず、数日部屋に引きこもっていたこともありました。

 

 

あるとき、これじゃいけない!と始めたのが、歩くことです。

学生のときとは違い、挫けそうになっても誰も助けてはくれません。代わりはいくらでもいます。自分のことは、自分で助けるしかない、と思いました。

 

身体を強くすることで、心も強くしていこう思い、一駅分早く降りて歩いたり、仕事終わりや土日に少しでもたくさん歩こうとしました。

 

外の風を感じ、流れる風景を楽しみながら歩いていれば、少しづつポジティブな気持ちになっていきます。

血行が促進され、デスクワークの疲れが解消され、冷え性やお通じ、生理痛などにも効果が現れると、心は自然と晴れやかになります。

身体と心は繋がっている、と実感しました。

 

すると自然と、仕事中も強い自分を保つことができるようになりました。

 

今日は雨がひどく、夜歩くことができなさそうで寂しいですが、その分家でゆっくりできました。

これから勉強に取り掛かろうと思います。