読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

ヨガ いい先生を見極めるコツ

ヨガ

めー子です。

先週は箱根旅行だったので、一週間ぶりのヨガに行きました。

 

ヨガの資格って、結構誰でもとることができるみたいです。私も通関士の試験が終わったら、本格的に調べてみようと思っています。

先生いわく、資格をとってからが本番、とのこと。

 

私は5年ヨガを続けていて、いろんなスタジオに行っているので、その分たくさんの先生のレッスンを受けています。

本当に生徒のことを考えてレッスンを組み立ててくれ、ヨガや身体、心の知識も豊富な先生もいますが、先生になりたてでマニュアルに沿ったことしかできないような先生もいます。

 

どうせ大切なお金を払うなら、ヨガを教えることに慣れた、自分のためになる先生がいいですよね。

 

そこで、私がポイントにしていることがひとつ。

 

レッスン開始前に、生徒と積極的にコミュニケーションをとろうとしてくれるか、今日の体調や状態を確認してくれるか。

 

いい先生は、そのとき来ている生徒ひとりひとりを観察し、そのときに生徒が求めていること、その生徒に必要なことをレッスンに取り入れてくれます。

どこか痛いところはありますか、固くなっているところはどこですか、雨が多いですね、今日は暑いですよね、などなど。

 

それにより、生徒も先生に心を開き、よりポーズを深めることができたりします。

 

私の尊敬している先生は、レッスンの前の会話にたっぷり時間をとります。最初の頃は、そんなことより早くポーズがとりたい!と思っていましたが、先生の持ち出す時事ネタも面白く、一緒に受ける生徒さんの話も聞いて、同志のような気持ちになったりして、今では楽しみな時間となっています。

 

f:id:mmmeg:20160716120111j:image

私がヨガの先生になったときは、生徒さんとのお話を大事にしていきたいです。