読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

後輩との話。

仕事

めー子です。

社会人になり、4年目になりました。

私が育てた後輩が、今や新入社員を育てています。

なんだか孫ができたみたいで、この年でプチおばあちゃん気分です。

 

今日、後輩から相談されました。

「新入社員の子、仕事がすごく遅いんです!慎重にやってるかと思いきやミスも多くて、もう私どうすればいいか、、」

 

わかる!育てる方の気持ちも、育てられる方の気持ちも、どっちも分かる!

 

育てる方は、隣で連発されるミスにイライラ、遅すぎて、自分で全部やってしまえたらどれほど楽か、と何度も思ってしまう。

 

育てられる方は、毎日ミスを指摘されて戦々恐々、一生懸命やっているのに、どうして私はできないのか、どうして先輩はわかってくれないのか。

 

 

よっぽど仕事ができる新入社員でない限り、入社して半年は部署内の大きなお荷物。

毎年、今年の新入社員は育ちが遅い、と誰かが言っているのを耳にします。つまり、みんながみんなそうなんですよね。

 

でも、育てる側の苛立ちもすごくわかります。今新入社員を育てている子を私は育て、ついこの間まで全く同じ気持ちを味わっていたのだから!

 

だから、私ができることは、話を聞いてあげること。一緒に考えてあげることだと思っています。

 

そんな先輩面の私ですが、上司からはまだまだ未熟者だ、もっと頑張れ、と思われているんですよね。間違いなく。

 

つまりは、大人になっても、職場で成長できる環境があるというのは、幸せなことですよね。

いつまでも先輩を尊敬して、いいところを吸収しながら、後輩に伝えていけたらいいなと思います。

 

 

 

f:id:mmmeg:20160707213954j:image

今日は七夕ですが、雲もあまりなく星がキレイに見える空でした。

織姫と彦星も待ち合わせしやすいんじゃないでしょうか。