読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

村上春樹から読む、諦めの虚しさ

村上春樹さんの、〝国境の南、太陽の西〟を読みました。

 

f:id:mmmeg:20170305225432j:image

 

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

 

 

 今の僕という存在に何かの意味を見いだそうとするなら、僕は力の及ぶかぎりその作業を続けていかなくてはならないだろうーたぶん。

「ジャズを流す上品なバー」を経営する、絵に描いたように幸せな僕の前にかつて好きだった女性が現れてー。 

あらすじより引用

 

 

若い頃に感じた強烈な気持ちの動きって、徐々になくなってきませんか?

 

例えばアニメ鋼の錬金術士のオープニングの歌詞にとても励まされ、何回も何十回も聴くほど好きになったり

明日テストがあるのにハリーポッターの賢者の石の続きが気になりすぎて徹夜で読破してしまったり

その時の私にとっては、その曲や本の吸引力は凄まじいものでした。何度聴いても読んでも飽きず、途中で終わらせることなどできないものでした。

 

国境の南、太陽の西〟の主人公である〝僕〟は、小学校でとてつもなく激しい吸引力を持つ女の子、島本さんと出逢いますが、卒業と同時に離れ離れになります。

 

結婚し、子供が二人でき保育園に通うようになった36歳の冬、経営しているジャズバーに島本さんが突然現れます。

〝僕〟はずっと島本さんを忘れられずにいました。

妻は聡明で気立てがよく、娘二人は素直に育ち、バーの経営は順調で何一つ今の生活に不満はなく、むしろ間違いなく幸せです。それなのに、島本さんに再び会ってしまい激しい吸引力を感じます。

島本さんといる時間が何より大切で、

会えなければ世界は色を失い何の意味も持たなくなっていきます。

 

 

大人になり、普通の幸せを手にすることは、その時自分が本当に求めていることから目を逸らさなければならないことになるのかもしれません。

何度も何度も目を逸らし、諦めるうちに、自分が求めているものが何かすら分からなくなり、家庭に職場に適応し収まっていくのかもしれません。

家庭も仕事も何もかも捨てられる程に激しく愛する人に巡り合った〝僕〟は幸せなのでしょうか。それとも不幸と言うべきなのでしょうか。

 

 

普段あえて考えないようにし、心の中で蓋をしている存在を、逃げ場のない個室で無理やりじっくりと教えられるような本だと思いました。

 最後には大きな虚しさを感じずにはいられませんでした。

 

 

けれど、村上春樹さんの文章の心地よい吸引力に浸れる幸せが確かにありました。

ファーマフラー洗ってみました

ファーのマフラー(スヌード) を誕生日プレゼントに頂きました。

f:id:mmmeg:20170304225021j:image

触り心地が良く滑らかで、優しい色合いもお気に入りになりましたが、やはり顔周りに巻くものだけあって、使い続けていると清潔が保たれているか、かなり気になってきます。

洗いたい気持ちが強くなり、えいや、と手洗いしてみることにしました。

 

洗い方

  1. 洗面器に水とたっぷりの洗剤を入れ、しゃぶしゃぶのように水の中をくゆらせます。めちゃくちゃ水を吸うのでびっくりしました。ちなみにファーものを水に浸けるのは、結構勇気がいりました。f:id:mmmeg:20170304225236j:image
  2. 手でしっかりと絞ります。オニギリを握る要領で、丸めてぎゅ、ぎゅ、と強めに握り、水が垂れなくなるまで続けました。f:id:mmmeg:20170304225250j:image
  3. あとは、干しました。

f:id:mmmeg:20170304225854j:image

 

一日経つと、この通り乾きました。

f:id:mmmeg:20170304230001j:image

洗う前より毛並みがボサボサしていますが、本人以外は気にならない程度です。(乾く前にクシで解いたりすればよかったのかも)

高級なマフラーであればクリーニングに出したほうがいいのかな、と思いますが

これのように雑貨屋で売っているような安いマフラーであれば多少ボサボサでも胸が痛みません。

 

何より、洗剤のビーズの良い香りがして大満足です。

 

ファーマフラーは自宅で洗えないと思い込んでいたので、案外問題なくキレイにできて良い発見になりました。

「男の人のほうがいいよ」の一言に刺激された話

私は怒りました

めったに感情を揺り動かされない私ですが、仕事中に顧客から言われたたった一言で、怒髪天を衝くことがありました。

 

 f:id:mmmeg:20170304221414j:image

 

 私の勤める物流会社での梱包に不備がある、意識が欠けている、もっとしっかり梱包して欲しいというクレームを頂きました。

正直細かすぎ、心配しすぎ!と思うほど梱包に対して逐一確認し、意見を出してくる方で、けれど彼はハイクオリティな仕事をこちらに求めているだけで悪い方ではないと思っていました。

 

あるときまた厳しいご意見のメールを頂き、営業マンが出払っていたため、取り急ぎ私が話を聞こうと電話しました。

 

怖い方だと聞いていましたが、実際話してみると口調が柔らかく、できる限り冷静な話し方だったため拍子抜けしながらもお話を丁寧に聞かせて頂きました。

そして彼は最後のほうにこう言いました。

 

「まあでも、こういう話は男の人から電話もらったほうがいいな!言いにくい話もあるし」

 

 つまり彼は、私が女だということで手加減をしていたようなのです。

厳しいことを言うと泣くとでも思ったのでしょうか。女に言っても結局話にならないと思ったのでしょう。

 

 

私は事務といえど、いつも顧客に対して前面に立ってきました。

顧客の無理難題に何とか我が社が応えられるよう間に入り、電話越しに怒鳴られたことは数知れず、ガチャ切りされたことだって何度もあります。

女だから加減してくれなどと思ったことは一度もない!と、とても悔しい思いをしました。

 

女だからとナメられないほど営業力をつけたい

営業さんに頼り、言われたことだけやることも、事務員であれば簡単です。

でも私は営業マンより頼りになる営業事務でいたい。顧客と良好な関係を築きたいし、将来的には仕事を獲得したり、社内調整などより深く営業に関わっていきたいと思っています。

 

今はYahoo!ニュースやnewspicksで市場や企業について勉強することから始めていますが、事務だからと事務の仕事だけで満足せずに学び続けたいです。

勝つための唯一無二の付加価値

 物流業界での、トラックドライバー不足の深刻化をよくニュースで見ます。

留守の多い家々を何度もぐるぐる回りストレスが多い上に、なかなか配達が終わらず長時間労働

 

物流会社に入社し、企業の貨物を海外へ届ける仕事をして気づいたことがあります。

企業は貨物の運送費用を〝コスト〟として捉え、できる限り削っていこうとします。

「もうムリ!」という値段まで下げても更なる値下げ要求が入るし、下げられなければ他業者に仕事が渡るだけ。

1円でも安い業者が仕事を獲得します。

なるべく人員を削り、残りの社員でメーカーの要望に応えようと必死にがむしゃらに働きます。

 

物流という目に見えないサービス。

どれだけ安くできるかと、どれだけムリをできるかの消耗戦の中で、物流企業に勤める社員は疲弊していきます。

 

 

それでは良い人材は集まりません。

いつか必ず行き詰まる時がくると思います。

安い〟や〝ムリをきかせてくれる〟こととは別に、唯一無二の付加価値をつけることができれば、競争に勝てると思うのです。

 

f:id:mmmeg:20170304084013j:image

とはいえ物流という目に見えないサービスは、無事に納期通り配達するのが基本。それ以上のパフォーマンスは求められず、顧客からは費用の改善を求められるのみ。

私のような社員は顧客となるべく親しくなり、電話やメールに即レスし信用を得ることくらいしか思いつかないのが現状です。

 

 

その一方で、自分自身の唯一無二の付加価値についても磨いていきたいと思っています。

めまぐるしく変わっていく社会の中で、安泰と言われていた大企業ですらすぐに倒産まで追い込まれていきます。

どんな環境になっても適応して生きていけるように考え、勉強や練習を積んで自分の価値を磨いていこうと思います。

 

行き詰まった頭を素早く切り替える

物流会社で貿易事務をしているのですが、特に緊急が多い航空(エアー)部門ということもあり、顧客に振り回される毎日です。

 

「今から貨物取りに行って!」

「別の場所にあるからトラック行き先変更!」

「明日までに上海に着けて!」

「製品数量の変更があるからよろしく!」

「やっぱりキャンセルで!」

 

、、なんだそりゃ!

そんなことが、朝デスクに着いてから退社するまで(してからも?)繰り返し繰り返し起こります。

朝組んだ一日のスケジュール通りに過ごせることは、まずありません。

入社してこのかたそんな調子なので慣れているのですが、さすがに何件も立て続けにトラブルが起きると、苛立ちやストレスから身体全体を疲れが支配し、頭も手も動かなくなることがあります。

 

 

周りに愚痴って発散する先輩や、そのまま切り替えができずダラダラと残業する後輩などさまざまな同僚がいますが、私は思うのです。

 

せっかくの有難いお仕事。

楽しみたい!効率的に終わらせたい!

 

そのためには負の支配から素早く自分を解き放つことが大切です。

その方法がこちら。

 

①身体を動かす

身体と心は繋がっています。健全な精神は健全な肉体に宿ります。

自動販売機にジュースを買いに行ったり、トイレに行ったりして席を立ち、ついでに深くゆっくり深呼吸、仕上げに軽いストレッチをします。

できることなら外の空気を吸い、日光を浴びて光合成をしたいところです。

身体が少し軽くなり、比例して心も軽くなります。

 

②頭の栄養、糖分をとる

私のオススメはビターなチョコレートとカフェオレです。

糖分、ポリフェノール、カフェインを摂ると、気持ちが落ち着き、朝出社した直後のような冷静な思考が戻ってきます。

何より少し幸せな気持ちになれます。

 

③無駄話をする

可能かどうかは職場の雰囲気に寄るかと思いますが、なるべく仕事と関係ないバカ話をします。

私は隣の席の後輩にcarry(運ぶ) の綴りを間違えてcurry(カレー)でメールを打ちそうになった!とか意味もなく、面白くもない話をします。後輩は笑ってくれます。

一旦頭を仕事から離し、笑うことで一気に気分転換することができます。

人と笑いあうってすごい。

f:id:mmmeg:20170303000632j:image

 

嫌な気持ちでダラダラ仕事していても、誰も助けてくれません。良いことも起きません。

すぐに切り替えて、自分で自分を救いに行くしかないのです。

気分が変わればいいアイデアが浮かぶことも多いです。

 

どうしてもつらい!という場面があったら、思い出して試しにひとつだけでもやってみて下さい。

ちょっとだけ変わることがあるかもしれません。

“いつの間にか四月!”とならないために

「もう三月だ!二月がいつの間にか過ぎていた、、」と嘆く人がほとんどです。

私も2017年への意気込みが強かった一月が過ぎ、若干疲れ気味に二月を過ごしたためあまり何かに取り組んだり楽しんだ記憶がありません。

f:id:mmmeg:20170301080742j:image

 

三月をいつの間にか終わらせないために、手帳の三月のページの空いている部分に以下の内容を書き出してみました。

 

☆総括目標

楽しむ、感謝

☆三月にやること

本を四冊、浴衣の着付けを覚える、歯医者に行く

☆毎週やること

ヨガ、英語のレッスン、料理

☆毎日やること

ニュースを読む、ブログの読み書き、英語の勉強、通関士の勉強等

 

総括目標はその月のテーマで、先月残した課題です。その他はできる限り実行していこうと思っています。

 

 

意識的に毎日を過ごすために、考えを書き出して手帳のように毎日見るものに書き込んで頻繁にチェックするのは効果的です。自然と書き出した目標に向かって身体が動くようになります。

 

 

「三月楽しかった!悔いなし!」と心底満足して四月を迎えたいです。

毎日を幸せに過ごすちょっとしたコツ

毎日幸せに過ごせたら、それに越したことはありません。

宝くじが当たったり、誰かからプレゼントをもらったり、難しい試験に合格したり、など“良い出来事”はたくさんありますが、良い出来事がたくさん起これば幸せかというと、それは少し違うと思います。

 

 

例えば、彼氏が不機嫌で、自分と会う時間が少ないという理由だったとします。

不機嫌な人といることはしんどく、その雰囲気に引きづられて自分まで不機嫌になり、「そんな小さいことで怒ってないでよ!」と怒りすら湧いて来ます。

 

その気持ちをそのまま彼氏にぶつけることは簡単です。けれど、感謝の気持ちを持つことで自分も彼氏ももっと幸せにすることができるかもしれません。

自分に会いたいと思ってくれていることに感謝。

不機嫌なことを隠さず表現してくれることに感謝。

そもそも自分と付き合ってくれていることに、感謝。

そもそもそもそも、二人とも健康で生きて出会えたことに感謝。

すると、怒りどころか幸せな気持ちが湧いて来ます。なるべく会える時間を増やしたり工夫するようになります。

その感謝の気持ち、行動は相手に伝わり、相手も幸せにできると思います。

 

 

LIFEというNHKのコント番組で、星野源さんが「あなたの人生を、漢字一文字で表してください」という質問に、

と答えていました。

人との出会いで成長できたり、出会いの先で更に出会いがあり自分の世界が広がったり、もうダメだというときに人に救われたり。自分の人生は人がいないと成り立たなかった、というようなことを一生懸命話していました。

星野源さんが人気になる理由、ドラマやコントや歌や文書が面白く、人を惹きつける理由が分かる気がしました。

本当にすごい人は、自分の才能や努力を信じきる人ではなく、周りへの感謝を忘れない人なのかもしれません。

 

 

私は何度も何度も感謝を忘れ、同じ間違いを繰り返してしまいます。

ブログをつけて、たまに感謝を文書にすることで何度も思い出していきたいと思います。

 

f:id:mmmeg:20170228075914j:image

ヨガのクラスでは、最後に必ず「自由に動かせる身体」「ヨガをできる自由な時間が持てること」に感謝をします。

良い先生に巡り会えたことにも、感謝。