walking working woman

20代半ば女の、日常のちょっといいこと紹介

ちょっと立ち止まり、周りを見てみよう

マックの角でジュース片手に延々とスマホをいじる高校生カップル。

珈琲一杯で喫茶店に何時間も粘るおばさま達。

 

 

私は傲慢にも、そんな風に無駄に時間を使ってもったいない、と思ったことがあります。

将来のために勉強したり、今しかできない部活に打ち込んだり、趣味を深めたり広げたり、本当にやりたいことはないの?と。

 

 

そして、毎日仕事して勉強して、週一で趣味や習い事をして、自分の好きなように時間を使える日々に、今、行き詰まりを感じています。

 

 

努力を続ければいつか魅力的な人になれる、面白い人生が送れると思っていましたが、それっていつなのでしょう?

魅力的な人ってどんな人?

面白い人生ってなに?

毎日必死に頑張って、頑張った自分に満足して、うまくいかないとイライラして、次第になにもしていないように見える周りの人を見下して、

ふと気がつくと、自分が理想としていた人とあまりにもかけ離れそうになっていました。理想が何かも分からないまま。

 

 

一番大切な、家族や友人や恋人を大切にする方法もどんどん忘れていきそう。

一旦立ち止まって、歩き出す方向を修正するため深呼吸してみたほうがよさそうです。

 

 

階段を二歩も三歩も上がれた!と思ったらいつの間にか振り出しに戻る日々。

漫画でも読んで、現実逃避して癒されたい気分ですが、明日も仕事がバタつきそう。早めに寝ることにします。

 

 

 

温かい羽毛布団にくるまって今日も寝られるだけで、ありがたい。今日はそれでよしとします。

f:id:mmmeg:20170222235401j:image

今更ながら、ブログのタイトル変えました

これが135件名の記事になります。

ヨガ終わりのコメダ珈琲店でなんとなしに始めたブログがこんなに続くとは、私の継続力も捨てたものではないなと思います。

 

これからどんどん改良を進めていこうかと思うのですが、その一環として3つ、変えてみました。

 

 ・タイトル

・説明文

・アイコンの写真

 

 

ブログを始めた頃(まだ一年も経っていませんが)に比べて、書きたいことの傾向が変わってきて、なんだかしっくりこなくなってきたなー、という思いがあり、雰囲気を変えてみました。

 

 

ブログに限らず、変化を(それが進化だとなお良い)楽しめる人になりたいと思います。

 

自分の書きたいことを吐き出すように、または備忘録として書いているだけのブログですが、読んでくださる方がいてありがたいです。

 

f:id:mmmeg:20170221074827j:image

飛騨路フリーきっぷがお得!

先日、下呂へ旅行する際になった際に「飛騨路フリーきっぷ」なるものを使いました。

とてもお得だと思ったので、今度高山に行く際にも使用する予定です。

 

JR東海が出しているお得な切符です。愛知、岐阜、三重⇄下呂、高山、飛騨古川などへの指定席特急の往復券を安く買うことができます。

 

 

例えば名古屋から高山に5人で行く場合、一人当たり8,600円ほどの支払いで以下の内容がセットになります。

・名古屋⇄高山間の特急ワイドビュー飛騨指定席乗車券(普通に買うと11,020円なので、これだけでモトがとれます)

・飛騨金山〜飛騨古川JR乗り放題(これは今回使いません)

白川郷線バス往復乗車券(白川郷への行きは絶対に使えます!帰りは万が一に備えて予約制バスにしたため使いませんが、乗れないことはほとんどないそうです)

 

 

下呂に行った際には、プチ土産としてタオルがもらえたり、合掌村や温泉博物館への入場が割引になったりと、いたれり尽くせりでした。

f:id:mmmeg:20170219215934j:image

 これは合掌村の景色。飛騨路フリーきっぷにセットになったタクシーで時間もお金も気にせず往復しました。(色んな特典を選べる方式なのです)

f:id:mmmeg:20170219220347j:image

合掌村の近くにある、菅田庵さんのトマト丼。ご飯、ジューシーな飛騨牛、甘くフレッシュなトマトが合わさっておいしかったです!

 

 

どうせならお得に楽しんだ者勝ちです。

これからも、こういったプランをどんどん活用していこうと思います。

プレイヤーか観客か、決めるのは自分

物事をするかしないか自分で決められる機会は、日常生活で多いと思います。

 

朝早起きして勉強するかしないか

一駅分早く降りて歩くか歩かないか

困っている後輩を助けるか助けないか

 

私はいつも、「する」人でありたいと思っています。

その方が絶対に、楽しいからです。

 

 

先日、女友達五人で一泊2日の国内旅行に行くことになったのですが(タラレバ女とののしられそう)、なかなか詳細が決まりませんでした。

飲みの席の勢いで日程を決めたのですが、宿や交通手段、やることなど、決めることはまだたくさんあります。みんな調べてLINEを送りあってはいるけど何が最善か分からず、情報だけ闇雲に集まり結論が出ないまま数日過ぎ、、

そうすると、みんな少しイライラしてくるのです。

 

 

私は進まない話を結論に導こうと決めました。宿、交通手段、現地でやることなど情報を精査して具体的にし、「これでどう?」とLINEでみんなに意見を求めました。

すると、みんな賛成ばかり。

いつの間にか、宿の予約、行き帰りの特急切符、現地でのバスの予約など、五人で行く旅行にも関わらず全て私がやることになってしまいました。

要するにみんな忙しくもしくは面倒で、多量の情報を前に考えることを放棄していたのです。そこで私が「やるよ」と言ってしまったために、ついに一切自分で考えたり動かなくなってしまったのです。

 

試しに最終的な切符の購入だけでも誰かにお願いしたい、と言ってみたのですが、ただ決まった内容のものを販売所で購入することすら誰もしたくないようでした。

 

 

最初に私が動かなければ、誰かが重い腰を上げたのかもしれません。

でも、その誰かは、今私が抱えているモヤモヤを抱えることになったかもしれないし、それを端から見るのもいやです。みんなのイライラが増していくのも耐えられません。

こんなとき、いい上司が部下のやる気を引き出すように、みんなを盛り上げることができればよかったのですが、私の力量が足りなかったためにこんな虚しい一人舞台で終わってしまい、少し悔しさを感じています。

 

 

けれど、やると決めたのは自分。やらずに逃げることは簡単だけど、やった自分は前より少し成長でき、人生はより楽しくなると思います。

旅行だって、全て事前に誰かに手配され自分で何もしなくていい旅よりも、自分で調べたり問い合わせしたり手配したほうが、思い入れがあり、より充実した旅になることは間違いないのです。

 

 

 私はスポーツ観戦があまり好きではありません。(フィギュアスケート等、観客に見せることを主体とした競技は好きですが)

観戦する側より、いつもプレイヤー側でありたいと思っています。

 

f:id:mmmeg:20170218180954j:image

努力の結果を成果に繋げたい

週に一度のプライベート英語レッスンを個人的に一人の先生にお願いしています。

半年ほど経ちますが、リスニングもスピーキングも少しづつ力をつけて来ていると思います。とても嬉しいことなのですが、最近ひとつ困っていることが。

〝英語を活かせる場所がない〟のです。

 

 

貿易事務の仕事をしていますが、特に英語を勉強して活かせるような場面がありません。(大手物流会社なので留学経験のある優秀な事務の女性も多いのですが、彼女達は全く英語のスキルを活用できていません。英語で国際的に活躍できると思って入社してきたはずなのに。とてももどかしいです)

自分の英語が一定のレベルに達したら、事務の女性があまりやってこなかった営業さんの業務などを奪って少しでも英語で仕事する機会を増やしたいと思いますが、それもとても僅かです。

そのことを何となくもどかしく感じていたのですが、あるレッスンの日先生からYou can teach English. I believe you.

と言ってもらい、その気持ちがはっきりとしてきました。

先生は私の英語が確実に上達すると信じてくれており、英語のプライベートレッスンなど、収入に繋げればいいじゃないか、君ならできるよとめちゃめちゃ励まされました。

嬉しいと同時に、私は英語を好きで勉強しているけど、それをどのように活かしていくか考えたほうがもっと楽しく、もっと上達するのでは、と勉強を継続している現状で満足していた自分が悔しく思えました。

 

英語を使って副収入なんかを得られたらとても嬉しいし、もっと使える場面を増やしていきたい。

どうすればそういったチャンスを掴めるのか、今の私にはよく分かりません。

f:id:mmmeg:20170214082009j:image

 

何事も一歩づつ、探しながら考えながら進んでいこうと思います。

あーもどかしい!!

〝手抜き〟を〝おしゃれ〟に変える

ネイルが趣味の友人とショッピングしていたら、面白い商品がありました。

発色がよく、一色を全体に塗るだけでも綺麗なのですが、そのマニキュアは重ね塗りができることで人気のよう。

f:id:mmmeg:20170213071819j:image

 

店頭で販売員のお姉さんが塗ってくださった友人の爪です。ニュアンスが様々でとってもお洒落ですが、お姉さんは四色くらいのネイルとベース・トップコートとぼかしながら〝ラフに〟塗っていました。

マニキュアは爪の端から端まで綺麗に塗るもの、という私の中の常識を ひっくり返されました!何色かをラフに塗り、ぼかすだけでお洒落。時間がかからないし、塗り漏れやムラが気にならないどころか、あえてそうしているように見える!

大名古屋ビルヂングににあるshiroというお店なのですが、通ってしまいそう。

友人は、しっかり二色ほど購入していました。

 

上手に手を抜いておしゃれするって、毎日のことだから大切だと思います。時間やお金をかけすぎず、スマートな身だしなみを整えるアイデアはぜひ参考にしたいです。

効率を格段に上げるために必要なこと

同じ練習や勉強をしていても、どんどん吸収・上達する人がいれば、いまいちうまくいかない人もいます。

 

私は要領がよくない方で、頑張ってるのにいまいち結果が出ないことがよくありました。

 

 

そんな私とは真反対に、器用に何でもこなし、どんどん自分のものにしていく大学の友人がいました。

彼女はみんなの二倍授業をとっていたので、いつもカバンが教科書でいっぱいでした。中学から付き合っている彼氏と仲を深める一方で、趣味のバレエや習い事の英語も頑張りつつ、外国から来た方に地元の観光スポットを案内するボランティアもしていました。年下から年上まで幅広く交友関係があり、いつも面白い情報を持っていて、大学の仲間達で遊ぶときにアイデアを出すのはいつも彼女でした。

 

f:id:mmmeg:20170212092858j:image

 

あまりにたくさんのことをいつも同時進行しているので、どうしてそんなに色々できるんだろう、と隣で見ていて不思議でした。

彼女と自分がなぜこんなに違うのか理解できず、劣等感を感じることもありました。

 

 

 

昨日、ふと気づきました。

ヨガのレッスンへ行き、いつもの先生に習っていました。彼は生徒との会話をとても大切にしています。

「今日の調子はどう?」と体調や気分を生徒に問いかけたり、最近起きたことを話してくれたり、ヨガのちょっといい話を教えたり。

 

1時間30分のレッスンで、気づけば最初の30分全く動かずひたすら話続けていました。

習い始めの頃は、この時間って意味あるの?早くポーズとったり身体を動かしたい、と思っていました。

 

けれど、そこには大きな意義があったのです。

先生と会話をし、お互いのことを少し分かり合ってリラックスすることでポーズがとりやすく、呼吸も深くなります。

生徒が疲れているのか、眠いのか、元気なのか、肩が凝っているのか、先生は把握してくれており、その日その生徒に最適なレッスンの流れにしてくれます。

ヨガとはどういうもので、何を目指して、何を大切にすればいいのか事前に教わっている生徒は、何も知らずにポーズをとるより格段に効果的な練習ができてきます。

 

 

 f:id:mmmeg:20170212094414j:image

例えばこのポーズ。上側になっている脇腹が伸びて空気が入れ替わるとても気持ちいいポーズなのですが、脇腹の伸びを意識しながらやるのと、ただ見よう見まねでポーズをただとるのでは、効きが全く違ってきます。

 

 

私の友人は、勉強や練習に必ず目標を明確に持ち、それに向かって努力していたから結果が出たのでしょう。

私は頑張ることが偉いと盲目的に信じ込み、訳も分からずいろんなことに手を出しては中途半端に終わった大学生活でしたが、それでは結果が出なくて当たり前でした。

 

 

〝ゴールを明確にして、それに近づくよう今していることの意味を理解して意識的に取り組む〟ことで、勉強でも練習でも効率を上げて、成果を出すことができます。

 

常に忘れないようにしたいです。